歴史

1948年シュトゥットガルト近郊のドミニク・パッシュによって設立されました。
1954年会社はランツフートに移転。
1969年ハインツブルナーが義父のカールグラスルと共に経営を引き継ぐ。
1976年カール・グラスルは健康上の理由で辞任した。
1977年同社の最初の自社工場がエルゴルディング(ランツフート近郊)に誕生しました。
1978当時はまだ小さな会社でしたが、HA-BEは最初のEDPシステムを導入しました。
1984年エルゴルディングの工場に拡張工事が行われました。
1987年カールハインツブルナーが会社に入る。
19881984年以降、エルゴルディングのプラントにさらに拡張が追加されました。
1989同社の能力は、プレスと工具製造の分野で拡大されました。
1992HA-BEは、革新的なロボット曲げセルを設置した世界初の企業です。近くのアルトハイム(ランツフート)では、2番目の生産拠点がリースされています。
1997HA-BEは、アルトハイムに生産面積6,500平方メートル、管理面積2,000平方メートルの新工場を建設しました。
2001全自動MWドローイングプレスによる400tの押圧力により、生産の可能性が高まります。
2006生産エリアは8,500平方メートルをカバーするように拡張されます。ロジスティクスセンターは、小さな部品用の自動ハイラック設備とパレット倉庫を備えて創設されています。
2008年生産エリアを10,500平方メートルに拡大。制御システムケーシングの新しい生産ラインが稼働を開始します。
2009HPS(HA-BE生産システム)はさらに集中的に開発されています。 ステファニーとイザベラブルナーは、会社の株式の5%を買収し、会社に統合された第4世代を代表しています。
2010HA-BEは経済危機を克服し、新技術への大規模な投資を計画しています。
  • HA-BEは、ヨーロッパで最初の企業の1つとして、銅のレーザー切断に使用する固体レーザーの使用を導入しています。
  • 品質とキーアカウントの分野でのいくつかの顧客賞は、パートナーとしてのHA-BEの信頼性を裏付けています。
2011さらに2つの5軸CNCミリングセンターが稼働します。
2012年中国太倉市の工場で生産を開始。HA-BEは、8kWのロボットレーザー溶接セルにより生産能力を拡大しています。
2013年2013年4月19日太倉に新工場をオープン
4軸フライスセンターであるDMC60 Hリニアにより、金属切削生産の能力が再び拡大します。
2014新工場2に移転。これにより生産面積が2,300平方メートル拡大。
2015年カナダ企業との合弁事業の設立。将来的には、合弁会社はHABE-ISEの名前で北米市場にサービスを提供する予定です。
TruLaser 5020の設置により、HA-BEはレーザー溶接の分野での生産オプションを大幅に増やしています。
2017年ミシシッピ州ジャクソンにあるHABEUSAInc。の名前で米国に関連会社を設立。
2018HABE USAInc。のリッチランド/ミシシッピへの移転。
2019Isabella Gamel(元Brunner)が運用ポジションで入社しました。